開発環境の構築 #1 WSL2 + Ubuntu

前回の続き、環境構築のめんどくせーをどうにかしていく。

## UEFI(BIOS)で仮想化を有効化

私の環境では、SVM Mode を Enabled へ

## Windows Terminal インストール

必須ではないが Microsoft Store から Windows Terminal をインストール。次に管理者権限で起動し、PowerShell を開いて以下を実行。

## Windowsの機能の有効化

### PowerShell


# Linux 用 Windows サブシステムを有効化
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

# 仮想マシンの機能を有効化
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

### コントロールパネルでも可

コントロールパネル > プログラムと機能 > Windowsの機能の有効化または無効化から

– Linux用Windowsサブシステム
– 仮想マシン プラットフォーム

にチェックを入れてもOK。

## Linux カーネル更新

x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージ
をダウンロードし実行。

## WSL 2 を既定のバージョンとして設定

### PowerShell


# WSL 2 を既定に設定
wsl --set-default-version 2

# 確認
wsl -l -v

## 任意のLinuxディストリビューションのインストール

今回は Microsoft Store から Ubuntu 20.04 LTS をインストール。起動後、ユーザー名とパスワード設定。

### Windows から Linux ファイルへのアクセス

Linux(Ubuntu)のファイルへのアクセスはエクスプローラーのアドレスにパス \\wsl$\Ubuntu-20.04\ と入力で可能。

### ターミナル起動時の作業フォルダ設定

WinodwsTerminal ツールバーの ∨ クリックして設定を選択。settings.json がエディターで読み込まれる。今回インストールした “name”: “Ubuntu-20.04” と同じ階層に以下を追加。

{
    "guid": "{...}",
    "hidden": false,
    "name": "Ubuntu-20.04",
    "source": "Windows.Terminal.Wsl",
    # ↓ 追加
    "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04/home/[username]"
}

## 参考

Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド