めんどくせーのは完璧主義だから

前回で、あっさり WSL2 + Ubuntu 環境ができてしまった。作業は全く面倒臭くなく10分程度で終わった。

どうして、こんな簡単な作業をめんどくせーと思っていたのか。正確には「決めつけて」いたのか。

以前、学習コストだのリターンだのと偉そうに書いたが、そもそも、事前に学習コストやリターンを正確に把握することは不可能だ。なぜならそれを判断できる知識が無いのだから。正確に判断できる知識があるなら、はじめから勉強する必要はない。

と、考えると、めんどくせー理由は学習対象では無く自分にあるのではないか。

その通りで、実際、新しいことを学ぶときや行動をするとき、『最善手以外を取りたくない』『失敗したくない』などの思いが強すぎて、動き出せないまま終わることが多い。

そんなこと、少し考えてみれば不可能だとすぐ気づく。

WordPress の全プラグインを把握し、最良のものだけを入れる。なんてことは、時間がいくらあっても足りない。

どこかで決断して行動しなければならない。どうすればいいのか。

『最善手以外を取りたくない』は、事前準備やリサーチにタイムリミットを設けることで防げそうだ。ある程度で区切りをつけること。このことは、人生についても言える。すべての可能性を把握してからスタートなんてできない。直近で必要なものごとにまず全力で取り組むこと。今、していることが長い目でみて成功なのか不必要なのかは誰にもわからないが、今、必要なことは明らかだ。

『失敗したくない』は、失敗しても大丈夫な環境をつくれば克服できそうだ。WSL2 + Ubuntu も Windows に悪影響があったら嫌だし、そうなったら修正するのも面倒だし……と、ずっと腰が重かった。けれど、PCがおかしくなれば、クリーンインストールすればいいだけだ。クリーンインストールのめんどくせーは、手順をメモしておくことで大きく低減できる。別に、バックアップでも復元でもいい。とにかく、ダメだったら、何とかなる方法を準備しておくこと。

以上を常に意識していきたい。

投稿日:
カテゴリー: 未分類