開発環境の構築 #2 WSL2 + Ubuntu + Docker

前回の続き。WSL2、Ubuntu に続いて、Docker Desktop for Windows をインストールしていく。

## ダウンロード & インストール

Docker Desktop をダウンロードするにあたって、Docker ID が必要とあったが、現在はなくてもダウンロードはできるようなので、ここを参考に進めていく。Docker ID は必要になったときに登録することにする。インストール中の確認画面で WSL 2 を有効化(Install required Windows components for WSL 2)にチェックが入っていることを確認。

今回インストールしたバージョンは

– Docker 20.10.5
– Docker Desktop 3.2.2

だった。インストール後に起動してセッティングをしていく。

## ツールバー > Setiings > General

今回は、Use the WSL 2 based engine … 以外をオフに

## ツールバー > Setiings > WSL Integration

Enable integration with my default WSL distro をオン。

現在、Linux ディストリビューションは、Ubuntu のひとつだけで、それがデフォルトディストリビューションとなっているため、トグルの方はオフのまま。

## 現状確認

PowerShell で wsl -l -v を実行。


  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu-20.04           Running         2
  docker-desktop         Running         2
  docker-desktop-data    Running         2

これで、WSL2 + Ubuntu + Docker の準備ができた。

## 参考

Docker Desktop WSL 2 バックエンド